治療装置・院内設備について

裏側からの装置でも違和感の少ない最新のデジタル・カスタムメード・リンガルシステムはもちろん、 患者さんへの負担が少ない表側からの金属や透明のブラケットを導入しています。
また、院内にはCTやレントゲンなど最新の設備が揃っています。

治療装置

表側からの装置

透明で目立ちにくい装置

クリアブラケット

クリアブラケット

ワイヤーを結紮(しばること)する必要のない最新のセルフライゲーション〈クリアブラケット〉です。

プラスティック、セラミックなどの透明な材質でできたブラケットを用いており、金属の装置に比べてかなり目立ちません。

裏側からの装置

より違和感の少ない最新の装置

デジタル・カスタムメード・リンガルシステム

  • デジタル・カスタムメード・リンガルシステム
  • デジタル・カスタムメード・リンガルシステム

患者さんの違和感が少ない、デジタル技術を駆使した最新のカスタムメード・リンガル装置です。

ブラケットとワイヤーを患者さんごとにオーダーメイドし、CAD/CAMシステムを応用した高精度な品質を実現。発音障害や舌の痛みも少なく、効率のよい治療が可能です。

すべての装置に対応

1回の診療時間を短くする

セルフライゲーションブラケット

当院で使用する装置は全てセルフライゲーションブラケットです。従来の装置はワイヤーを装置に結紮(しばりつける)する必要がありましたが、セルフライゲーションブラケットはそれ自体にクリップと呼ばれる開閉式のフタがついています。このフタを開けたり、閉めたりするだけでワイヤーの交換を行え、毎回の診療時間の短縮だけでなく、治療初期の歯の動きも効率的と言われています。

検査装置

3次元構築で的確な診断が可能

レントゲン・CT診断装置

最新の歯科用コンビームCTを導入し、3次元構築も可能になりました。従来の2次元X線ではわからないような詳細な情報を得ることができます。患者さんの正確精緻な画像診断を行うことが可能です。

院内紹介

  • 診療室

  • 受付

  • 外観