赤坂まつの矯正歯科について

世界レベルの技術と対話を重視した患者さんが主役の治療を。

院長は、世界に12名しか持っていないWBLOというリンガル専門医資格を有している舌側矯正の専門医です。 私たちが患者さんを診るうえでいつも心がけていることは、患者さんの不安をできるだけ取り除きたいということ。 だからこそ患者さんと、とにかくよく話すようにしています。最初の相談でも、患者さん自身に自分の状態を客観的に知っていただき、治療ゴールを一緒に考えていくようにしています。実際の治療も毎回院長が診て、治療内容をお話します。
矯正治療ひとすじ30年 患者さんに感動をあたえるために。 矯正治療ひとすじ30年 患者さんに感動をあたえるために。
医院長紹介

松野 功 院長

はじめて裏側からの矯正に出会ったのが30年近く前で、開業してから本格的に裏側からの治療を行い、22年が過ぎました。 現在では成人の治療のほとんどが裏側からの治療です。 舌側矯正はうまく並ばない、時間がよりかかる、症例によってはできない、などということはありませんのでご安心ください。これは数多くの舌側からの治療を経験して出た結論です。 また、高レベルの治療を可能にしたハイブリッドコアの開発、デジタル・カスタムメード・リンガルシステムで、いままで以上に能率的で高品質な治療が可能になっています。
  • 1956年 東京生まれ
  • 1983年 北海道大学歯学部卒業
  • 1987年 北海道大学大学院修了 歯学博士
  • 1993年 北海道大学歯科矯正学講座 講師
  • 1993年 赤坂まつの矯正歯科 開設
  • 現在に至る
資格
日本矯正歯科学会認定医、専門医*、指導医*、指定臨床研修機関
日本舌側矯正歯科学会元会長、認定医
日本成人矯正歯科学会認定医、専門医、指導医、矯正歯科研修施設
日本臨床矯正歯科医会
世界舌側矯正専門医WBLO(World Board of Lingual Orthodontists)*

世界最高峰のリンガル専門医資格(WBLO)を有する確かな技術

□世界で12人(2015年現在)しかいないWBLOの試験に合格

WBLOという世界で最難関のリンガル矯正の専門医制度があり、定められたカテゴリーの症例を8症例提出し、厳しい審査を受けて取得します。2013年、パリで行われたWBLOの試験に、世界で10人目の合格者となりました。

□日本矯正歯科学会の専門医・指導医
専門医とは、現在306名(2015年現在)しかいない日本における矯正歯科臨床の最高資格です。 専門医になるには最短でも10年間、臨床と研究の両面から研鑽を積み、認定医資格を取得してから、はじめて受験資格が与えられます。矯正臨床の論文提出、10症例の症例審査に合格すると、日本矯正歯科学会専門医を与えられます。資格は5年毎に症例審査を受け更新しないと資格を取り消されるという厳しいものです。 院長は2006年の第1回目の試験に合格し、すでに2回の更新を行っています。 また、指導医とは、矯正基礎研修、および矯正臨床研修を指導監督する教員としての最高資格です。
□虎の門病院医師ネットワーク会員
当院は虎の門病院との連携医療機関となっています。

スタッフ紹介

患者さんの治療をサポートするために。 患者さんの治療をサポートするために。

院長を筆頭に、歯科衛生士(2名)、歯科技工士(1名)、受付(1名)のスタッフが全力で患者さんのサポートをいたします。 院長だけでなく、衛生士は全て矯正治療専門でおこなっているベテランです。また、受付スタッフも歯並びコーディネータという学会資格を有しており、患者さんに矯正治療の内容を理解してもらうとともに、アドバイスできる体制が整っています。 どんなことでもスタッフにご相談ください。

院内紹介

  • 診療室

  • 受付

  • 外観